撮影

土層断面、遺構、土器、全景等、様々な記録写真を撮影していきます。
鮮明な記録写真を残すため、撮影前には被写体を清掃します。



断面(壁)をガリで綺麗に削って面を出します。削ると層がよく見えてきます。


広い範囲の撮影は、足場を組み立てて、その上から撮影します。




高所作業車に乗って撮影したりもします。

発掘現場の全景は、ヘリコプター、ラジコンヘリ、ドローン等を飛ばして空撮を行います。
空撮は、時間が決まっているので清掃や片付けを時間内にしないといけません。



わかりやすいように、遺構に白いラインを入れる時もあります。